ショップ ブルー ジョン

SHOP BLUE JOHN


| HOME || オランダ鉢 | スペイン製ガラス | スペイン製陶器 | 世界のテラコッタ | ドイツ製クリスマス用品 | ドイツ製キャンドルホルダー |
| イタリア製ポストカード | イタリア製ポスター | イタリア製テーブルマット・コースター | 天然石のテーブルウェアー | ドイツ製ペーパーナプキン |
| 園芸デコレーション | 世界の雑貨 | マーブル(大理石)デコレーション | モザイクタイル | REAL アンティーク |

  • HOME
  • 森のささやき

先日、週間天気予報の中で、
「梅雨の最盛期へ 大雨に警戒を!」という言葉が目に留まりました。
果物や野菜、花にはよく最盛期という言葉が使われていますが、
天気にも使われるのだと再確認。
でも、やっぱり「野菜の最盛期」の表現の方がなじみ深いですね。


梅雨の大雨が災害に直結し、胸痛む出来事が続いています。
俳句の季語でもある、「荒梅雨」の言葉を思い出しました。
梅雨の激しい降り方を指すことばですが、
梅雨の終わりの激しい降りは昔もあったということなのでしょう。


一方で、静かな森の中にいると、「青梅雨」という言葉が浮かびます。
木々の葉に降る雨を指す言葉としての季語ですが、

樹木にとっては、恵の雨となります。 
雨の雫をたっぷりとうけ、葉の輝きがきらきらと
増していきます。 



梅雨の終わりももうすぐでしょうか。

荒梅雨が収まることを祈って・・。